dolphiliaが書いたオリジナルの小説を掲載しています。作品に登場する人物や場所はすべて架空のものです。