バルーン feat. VY1

作詞・作曲:dolphilia

ダウンロード

仮歌入り: mp3
カラオケ: mp3
歌詞: PDF

歌詞

赤い風船見上げて言った
「ひとりじゃないよ」と

1

わたしが5歳のときに遊園地で
ママとはぐれて泣き出しそうなときに

着ぐるみのくまさん 赤い風船を
一つ手渡して 手を引いてくれた

この風船は特別な ものなんだと思ったから
大切に握りしめてたつもりなのに 気づくとそこにない

空を見上げてふわふわ浮かぶ
赤い風船 一つ見つめて
また瞳に涙たまるのを 気づいてこらえた

そしたら着ぐるみのくまさんが
持っていた風船の全部を
手放して空見上げて言った
「ひとりじゃないよ」と

2

中学になって修学旅行で
あの日の遊園地に行くことになって

そのころわたしは転校続きで
友達もいなくて一人ぼっちだ

みんな楽しそうに笑って
それを見るの 寂しくって
落ち込んでた私に 風船差し出す
着ぐるみのくまさん

「風船もらって喜ぶような
もう子供じゃない」と言って でも
また瞳に涙たまるのを 気づいてこらえた

そしたら着ぐるみのくまさんが
持っていた風船の全部を
わたしにもたせて 撫でて言った
「ひとりじゃないよ」と

空を見上げてふわふわ浮かぶ
アドバルーンを一つ見つけて
それがどんな意味を持つのかを
気づいてしまった

閉園してしまう遊園地
寂しいのはくまさんも一緒
だから風船手放し言った
「ひとりじゃないよ」と

記事のタイトル「バルーン feat. VY1」| 公開した日付()| 更新した日付(2018年7月2日)| 更新した回数(2回)