記事公開:
最終更新: 2017年11月4日
更新回数: 17回

TinyHSP

TinyHSPはとても小さなプログラミング言語です。それを作成するプロジェクトをGithubで公開しています。プロジェクトは2017年1月にスタートし、2017年2月に一旦完了しました。それから折を見て追加や修正を行っています。

TinyHSPのGithubリポジトリ

TinyHSPを作り始めたきっかけは、HSP公式掲示板に書き込まれたTinyHSPの提案を見たことです。そのとき、私はちょうどmacOS版HSPのプロジェクトが一段落したところだったので、それらの資産を活かしつつ個人的にプロジェクトをスタートさせました。とはいえ、私が作り始めたものは掲示板に提案されていたものとは程遠い、とても仕様の小さいものです。

作り始めから1ヶ月以上はプログラムの構文解析を自作するつもりでいました。しかし上手く作れずに試行錯誤していたところ、exrdさんという方がneteruhspという小さなHSP処理系を非常に緩いライセンスで公開してくださったので、構文解析系の自作は諦めて、neteruhspの上に処理を書き足していく方向に方向転換しました。そうしてどうにか完成したのが現在のTinyHSPです。

ダウンロード

TinyHSPのWindows用の実行ファイルはGithubのリリースのページからダウンロードできます

TinyHSPは当初macOSで作っていました。私の使っているMacは現在の基準からすると少し処理の遅いMacだったので、軽快に動作するライブラリを選ぶ必要がありました。それで選んだのがGLFWというライブラリです。GLFWはクロスプラットフォームで動作するので、偶然にではありましたが、TinyHSPはWindowsやLinuxでも動作するものとなりました。