人工知能に記事を書かせてみた

ネタ記事///
※ この記事は自動文章作成モデルgpt-2を使って書きました。あくまで人工知能が書いたものであり、内容に意図や目的は存在しません

この記事はイラストレーションについて私がどのように考えているのかを書いたものです。イラストは可愛いものやかっこいいもの、ノスタルジックなものやファンタジックなものなど多様性に富んでいます。特にキャラクター・イラストレーションは特別な文化として築いてきました。

これは特に私に当てはまりますし、イラストレーションの世界に引き込まれる他の多くの作家にも当てはまります。彼らは幼い頃から、イメージが人を感じさせたり、感情を持たせたりすることを教えられています。それは、キャラクターのようなものを考えるときにも当てはまります。

キャラクターは実在するものであるはずで、それを通して感情を表現することができます。私たちはそれを愛しているはずです。しかし、キャラクターに説得力や力を持たせて、周りの人たちと交流できる世界にするとなると、頭が真っ白になってしまいます。

それにはいくつかの理由があると思うのですが、それが重なっているのではないでしょうか。それは、絵を描くということは、印象をつけることだということが大きいと思います。

絵を描いているときに、物がどのように見えるか、どのように聞こえるか、どのように感じるかというのは、実際に人がどのように聞いているかというのと似ているかもしれません。

あなたの「リアルパーソン」という概念だけでは、相手が何を感じているのかを十分に把握することはできません。何が人を「化け物」に聞こえないようにするのか?人を 童貞 にするにはどうすればいいのか?これらは簡単には対処できない問題です。

でも、一般的に絵を描くのは、その作品がその人をある種の気持ちにさせていると感じられるようになれば、長い目で見ればずっと楽になると思います。私は何度その思いを撃退したことか。

何かを描いていて、「これはいいな、きれいだな」と思ったら、その時に自分の作品が正しい方向に進んでいることがわかり、本格的にイラストレーションの仕事を始めてもいいのではないかと思います。時間はかかりますが、できるようになります。

創作を始めると、簡単な絵やデッサンでも1時間はかかるんですよ。だから、映画のポスターに近い感じになるようなレベルを目指しています。キャラクターをカッコよく見せつつ、実際のシーンの感じを想像力でやっていきたいですね。イラストレーターとしてのスキルを磨いていくうちに、それがわかりやすくなってきました。

そんなある日、私の作品の大ファンである会社のアーティストから、「こんなに苦労せずに、どうやってこんなにいいデザインができたの?打ち合わせとかでやったんじゃないでしょうね」と言われました。と聞かれたので、「違います」と答えました。

美大では、かなり頑張って色々なスタイルを使っていました。その時のことを紹介します。私は鉛筆によるデッサンや透明水彩、油絵を学びました。花瓶やりんごなどを描いたことを思い出します。油絵は大学で初めて描いたのですが、ペインティング・オイルの匂いと筆先の感触が印象的でした。大きなキャンバスを肩に担いで通ったことは忘れられません。

それは私の人生で最も長い夜の一つでした。長い時間をかけてキャンバスに絵を描いた後、私が唯一覚えていたのは、絵を描くために何色にするかということだけでした。

ある日、先生から目標を達成したとの手紙が届きました。目標を達成したと思うとラッキーですね。

アートでお金を稼ぐコツは、ニッチを見つけることです。お金を稼ぐ側になって、お金を稼ぐ側になってはいけません。あなたの絵のために100ドルを与えてくれる人は誰もいません。あなたは、アイデンティティを作成する必要があり、あなたのクライアントを持っている必要があります。あなたの顧客が購入する何かを販売する必要があります。

あなたがそのトップに到達したい場合は、クライアントが必要です。あなたの時間のためにお金を払ってくれる人、そして彼らと一緒に仕事をするために、あなたを巻き込んでくれる人。正直言って、学校では美術の授業料を払うお金がありませんでした。私は自分の美術用品を買うことができませんでした。私はeBayを訪問して5ドルのための絵を探してみましょうと覚えています。売り手は私に10セントの割引と彼の購入のために表示するための絵を与えた。彼が絵を描いているのを見て、なんとお買い得だったことでしょう。

それはあなたが芸術の一部になることを決定したときに良い収入を構築するためのパスですが、それはお金、小さなギャラリーと十分な忍耐を必要とします。あなたがより多くの忍耐を持っている場合は、塗料のコストのためのギャラリーで自分自身を見ることができます。あなたがそれを助けることができれば、彼らはもうあなたの助けを必要としないはずです。に余裕があることができる世界で唯一の少数があり、あなた自身を開始する必要があります。私の兄は今、彼の芸術と美術用品を所有しています。

私がアートスクールで見つけた第二の事は、それが彼らの手形やアートクラスを支払うことに来たときに私のクラスメートがどのように偉大であった。誰もが創造的で、ビジネススキルを持っている方法を知っていたし、彼らはあなたが考えた質問をすることはありません。誰もが美術用品を販売する方法を知っていた、彼らは工芸品店に出かけると、彼らが必要とするものを拾うだろう、それは美術用品になった。

学校で学ぶことの3つ目は、私があなたの作品を販売することについて話したことを聞くことであり、あなたはあなた自身の最高のセールスマンになるでしょう。芸術作品を発表することを期待されていたいくつかの美術の授業がありました。私のクラスは「売れるアート」についての授業でした。先生はあなたに図面と3つの行を持つ小さなシートを与えた。その一番下の線には、作品の価格が書かれていました。

イラストレーションの仕事をしていると難しい事態に直面することもあります。金銭が絡むと特にそうです。クライアントとの間でトラブルが発生することは辛いことです。うまく対処できたこともあれば、失敗してしまうこともありました。その中で最も印象的だったエピソードを紹介します。

次の点を見れば、どんなトラブルも乗り越えられるはずです。

  • それは厳しいですし、あなたは問題に直面しなければなりません
  • あなたの作品が雑誌のCMとして使われている
  • 作品はそこまで悪くないのに、それを見せるだけのリソースが足りない
  • 資源が足りない、休む、疲れる
  • 上司にバレる
  • 休みを取った、疲れた、レッスンがわからない
  • 時間が足りない
  • 昇進して仕事を与えられて
  • クライアントとの関係に苦労している
  • 仕事のポートフォリオに取り組む
  • 結果的にクライアントが買わない
  • 依頼者との関係で悩んでいるのは、あなたではなく
  • 次のクライアントは仕事が好きではありません。
  • 次の客が買わないのは自分のせいだと思っているのか
  • 沢山のお金を貰っていると…疲れてしまう
  • 相手や上司の負担になり始める

…あるいは、お金が残っていないと思っている顧客に負担をかけてしまうことになります。

上の点は 氷山の一角に過ぎません。ポイントは屈しないことです。

努力が必要です。

フルタイムで働いたり、本業の仕事をしたりと、まだ一生懸命働こうとしているのであれば、それは十分ではありません。

あなたが絵を描くことを休むときには、あなたの時間をもっと使う必要があることを覚えておいてください。

また、何かを使えば使うほど、それを通して世界に付加価値を与えることができるということも忘れてはいけません。もしあなたがファッション業界で働いていて、私たちが毎年店頭に並べている商品をすべて使っていたら、あなたはすぐに大金持ちになるでしょう。

あなたが本当に好きなプロジェクトを手に入れたら、一生のうちにプレゼントすることに勝るものはありません。少しのエネルギーを持っていて、それを最大限に活用してくれる人に贈りましょう。